プロフィール

安積 京子(あさか きょうこ)


大阪音楽大学音楽学部器楽学科ピアノ専攻卒業。同大学院音楽研究科ピアノ研究室を修了。2004年渡独。2006年ドイツ国立ワイマール・フランツ・リスト音楽大学を卒業。2008年ミュンヘン音楽・演劇大学大学院歌曲伴奏科を修了。第7回国際ウィーンピアニストコンクール第二位受賞。第14回ブレストピアノコンクール(フランス) 第一等メダル受賞。2008年ウィーンのコンチェルトハウスにてスロバキア•ブラティスラバフィルハーモニー(指揮:ラスティスラフ ストゥール)とモーツァルト作曲「ピアノ協奏曲第20番」を共演。2010年6月大阪いずみホールにてモーツァルト室内管弦楽団(指揮:門良一)と共演。同年11月ドイツ・ミュンヘンレジデンツのクヴィリエ劇場にてインゴールシュタットオーケストラ(指揮:ロドルフォ フィッシャー)とショパン作曲「ピアノ協奏曲第1番」を共演、好評を博す。


2002年大阪にてチェコのマルティヌー弦楽四重奏団と共演。2003年ザ・カレッジ・オペラハウス管弦楽団(指揮:山下一史)とグリーグ作曲「ピアノ協奏曲イ短調」を共演。2005年夏にはトルコ・イズミールにてジョイントコンサートに出演。同年秋にはヴァイオリニストと共にチェコへ招待されコンサートを行う。2006年6月ドイツ•バイロイトにてジョイントリサイタルに出演。同8月にはポーランド・クラクフにて室内楽演奏会に出演。2007年3月には再びチェコに招待され、歌手と共に9都市にてコンサートツアーをする。2009年春、ウィーンとミュンヘンにてソロリサイタルをするなどヨーロッパ各地で多数の演奏活動を行う。2010年6月ドイツよりデビューCD (ミュンヘン収録版) をリリース。 2011年、2012年東京と大阪にてリサイタルを開催。2012年秋、チェコに招待されプラハを始め9都市にてリサイタルを行う。


これまでにピアノを岡原慎也、K.シルデ、A.トルガーの各氏にドイツ歌曲伴奏法をH.ドイチュ氏に師事。
ミュンヘンピアニストクラブ会員。日本ピアノ教育連盟会員。日本音楽表現学会会員。日本音楽教育学会会員。愛媛大学教育学部准教授。

 

安積京子オフィシャルウェブサイト http://www.kyoko-asaka.com

 

 

Kyoko Asaka
Born in Miyagi, Japan, Kyoko Asaka studied at the Osaka College of Music, under Prof. S. Okahara. She came to Germany in 2004 to study at the Liszt School of Music, Weimar, under Prof. K. Schilde and Prof. A. Torger, where she graduated in summer 2006. She then attended a masterclass in piano accompaniment under Prof. H. Deutsch at the University of Music and Performing Arts, Munich. In summer 2008, she completed this class with great distinction. Kyoko Asaka gave piano recitals and chamber performances in Germany, Japan, USA, Poland, Italy, Turkey and joined the Czech string quartet “Martinu” for a concert in Osaka. She also performed Grieg’s Piano Concerto in A minor with the Osaka Opera House Orchestra. In March 2007, she was invited to the Czech Republic to perform nine recitals. In August 2007, she was awarded second prize at the Viennese international piano competition (Wiener Pianisten-Wettbewerb). In 2008, she performed Mozart’s Piano Concerto No. 20 with the soloists from the Bratislava Philharmonic Orchestra at the Konzerthaus, Vienna. In 2009 she gave her debut in Vienna, Eroica Hall. In 2010 she performed the Piano concerto no. 1 of Chopin in Osaka, Izumi Hall and in Munich, Cuvilliés-Theater. Kyoko Asaka is a member of the Munich pianist’s association (Pianistenclub München).In April 2013 she was appointed as a senior assistant professor and in April 2017 promoted as an associated professor for the Music Course (piano) of the Faculty of Education at Ehime University in Japan.